デジタルオーディオプレーヤーとは

デジタルオーディオプレーヤー

デジタルオーディオプレーヤー(Digital audio player、DAP)とは、デジタル音楽ファイルを再生可能なオーディオプレイヤーで、特に携帯が可能なものをさす。

このうち、MP3プレーヤーはMP3のみ再生可能、あるいはMP3の再生に対応したプレーヤーを意味する。

概要

デジタルオーディオプレーヤー

デジタルオーディオプレーヤーはデジタル方式の音楽ファイルを再生する音響機器で、携帯電話会社の音楽配信サービスやインターネットの音楽販売サイトから購入したり、CDなどから直接取り込んだ音楽ファイルを再生するのに用いられる。

デジタルオーディオプレーヤーという言葉は、文字どおりには1980年代に登場したCDプレーヤーや1990年代に登場したMD (ミニディスク)プレーヤーなども含まれるが、この言葉は通常、2000年代に本格的に普及しはじめた記録媒体にフラッシュメモリや小型ハードディスクを使用した音楽プレーヤーを指す。

デジタルオーディオプレーヤーという用語が広く使用され始めたのは2000年代半ばからである。

2000年代前半までは音楽ファイルのMPEGによる音声圧縮形式方式としてMP3ファイルが使用されることが多く、MP3プレーヤーという呼称が広く用いられたジャンルであるが、著作権保護などの観点から暗号化技術が進み、MP3以外の形式の採用が進み、MP3以外の圧縮形式として、WMA、AAC、ATRAC、OGGなどのコーデックを使用する機種が出現し、2000年代半ば頃からデジタルオーディオプレーヤーという呼称が用いられるようになった。

一方、近年はCDプレーヤーやMDプレーヤーにも、CDやMD本来のコーデックのほかにMP3を使えるものが現れている。

製品ごとの特色

メーカーごとに様々な製品が発売され差別化戦略の競争が激しい分野であることから、製品の機能にはいくつかのバリエーションがあり、単に音声ファイルの再生だけでなく、多彩な機能をもつ機種もある。

たとえば、ラジオ受信機能、ラジオや外部入力の音声を録音する機能、USBメモリ(USBキーとも)のような外部ストレージとしても利用できる機能、語学学習などに用いる再生速度調整機能、FMトランスミッター機能などが挙げられる。

また、類似の製品としてICレコーダーがある。

ICレコーダーは主に会議や講演などの音声の録音を目的とし、再生面では余り音質は重視しないものが中心で、再生品質を重視する音響機器としてのデジタルオーディオプレーヤーとの違いが見られる。

一方、本格的な音響機器として生録や再生を重視したものも出現しており、デジタルオーディオプレーヤーとの境界が曖昧な製品もある。

現在では携帯可能なオーディオプレーヤーとして携帯電話でも音楽再生機能を備えるものが増えており、携帯電話が普及している地域を中心として携帯電話をオーディオプレーヤー代わりに利用する人は多い。

特に日本では、音楽ファイルのダウンロード市場は、PCよりも携帯電話の方がボリュームとしては大きい。

デジタルオーディオプレーヤー以外にも、やや大型の液晶ディスプレイを搭載し、音楽再生に加えて、フォトビューワー (デジタル写真の閲覧) や映像ファイルの再生を行うなど、より多機能化したプレーヤーもあり、こちらはデジタルメディアプレーヤーと呼ばれる。

出会い

▲Page Top

無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君